新年おめでとうございます!(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

本年も宜しくお願い致します。

家具工房で気持ちも新たに頑張ります(^_-)-☆

お正月の前のイベントクリスマスディナーのお話しです。

クリスマスに家族皆で夜ご飯を食べました。

丸ごと鶏を焼いてあげました。

とりを踊らせるのはポイントです。

香ばしい材料を中に詰めます。玉ねぎ、にんにく、みかん皮、様々なハーブなど。

均等に焼くために肢体を縛ります。部位より厚いですからゆっくり焼きます。

おいしそうですね。

ケイシーぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

8+

HOME SWEET HOME(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

自分の表札を作りました。

何ヵ月の間にちょっと進み、さぼってしていましたが、ついにできました。

実は、3ヵ月ぐらいの間、誰かが捨てていた色々な木をもらい集めました。

その中にあったY字枝が「いい表札になるかな」と思いました。

たぶん桜の木だと思います。

その枝を手で割ると、さらに鈍くなり

ちょっと曲がったので、のこぎりでだいたい平らに削りました。

この作業はかなり時間かかりました。

ある程度 木目にあるきれいなところを保つために自然の感じも残し、

表札の字をきざみ出しましたが、まだ見えづらかったので、墨もかけました。

簡単なものでも「居場所」という感じになりました。

(皆さん、さぼらないでください。)

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

6+

エクレア作り(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

久しぶりにエクレアを作ってみました。

基本的には作り方はそんなに複雑ではないですが、

ある点がちょっと難しいです。

シュー皮の生地と一緒で、ケーキなどの生地と違う点はある程度に火を通します。

液体な材料を沸かして小麦粉を混ぜ込みます。

少し冷ましてから、卵一個ずつを足します。

このステップはなんか不思議です。

卵を入れると崩れそうですが、適切な卵の数が混ざってくると滑らかになります。

生地をペストリーバッグに入れて、ベーキングトレイの上に絞り出します。

焼くとけっこう膨らみますが、エクレアの形を高く作る方がいいことを

今回忘れてしまいました。

最初に高い温度で焼いて、あと10分下げるので、この点もすこし手間がかかります。

焼いていた間に、中身のペストリークリームを作りましたが、

冷やす時間を考えていませんでしたから、失敗になりました。

同じ日に中身を入れないことになりましたから、

その間にエクレアはちょっとしぼんで外から入れられないことになりました。

それではと、縦に半分に切って、サンドイッチのように作ることにしました。

仕上げに上部分をガナッシュに漬けました。

目的の数はできませんでしたが、結果は悪くなかったです。

食べたみんなは美味しいと言ってくれて、よかったです。

エクレアを作ってみたら、初めてに少数を作ってどうなるかを見てください。

ペストリーバッグなどがなくても

代わりに食品用プラスチック袋も(ちょっと厚手方がいいです)使えます。

ボナペティ。

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

8+

手作り箸をお土産に!(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

妻(妻は小学校の先生です。)の友達のALT(外国語指導助手

アメリカに帰る事になりました。

妻は何かお土産を…と、荷物にならない小さな物を探していました。

箸や手ぬぐいや扇子などですが、ひと味違う何かの方がいいという考えで、

「手作り箸を作ってあげたらどう?」と勧めました。

そこで、桑の木の端材を取って、二本の棒を作りだんだん箸の形に削りました。

太い方の先にシンプルな飾りを付けるために三本のみぞを彫りました。

渡す時までに時間があまりありませんでしたから、

手元にある油で仕上げにしました。

結果に満足しています。(^^)/

かなり簡単なものですが自分で作るのはいい気持ちです。

何より、受け手はとっても喜んでくれてよかったです(^^)/

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

13+

織物参考館 紫(ゆかり)(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

以前から訪れたかった桐生に、今月初めて行きました。

皆さんはご存じかと思いますが、桐生市は繊維工業が多い所です。

最近はもう作っている工場が少ないと思いますが、

織物の産地としていくつもの織物博物館などがあります。

ひとつは織物参考館 紫(ゆかり)です。

この博物館はのこぎり屋根工場と呼ばれる建物の一か所にあります。

展示しているものは、いろいろの織機やそんな機械を支える機械や道具です。

桐生織に関する資料も展示されています。

絹の織物の作りに注目していますが、ある程度に一般的な織物と

織物の歴史も含んでいます。

特に興味深いのは体験できる織機が多くあります。

残念ながら、行った日には体験できませんでした😞

昔から興味がありますが、自分自身このように体験できる場所を見たことがありません。

別の建物では一番奥の場所にも現代のジャカード織機が動いています。

そこでは織り絵を作られています。

着いたのが閉館が近い時間でしたのでちょっと急ぎながらの

見学でしたが楽しかったです。

もっとゆっくり見て回れる時、織ってみる体験ができる時にまた行きたいです。

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

11+

庭(第二話)(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

自宅の小さな畑では最近いろいろな物が実っています。

ブロッコリーはついにできてきました。

自分でブロッコリーを育てたことがありませんでしたから、楽しかったです。

想像したより大きく育ちました。

苗は六つ植えましたが、ちょっと混んで育ちました。

三つだけが収穫できました。

すこしアブラムシの問題がありましたが、そんなに育てづらくはなかったです。

とてもおいしかったです。

ちょっと空間があれば作ることをおすすめです。

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

5+

亜麻収穫(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

 一か月前くらいに亜麻は小さくてかわいい花で満開になりました。

実は前に知らなかったことを知ってきました。

亜麻の花は朝だけに咲きます。

例えば、仕事へ出るときには咲いている花々は見送ってくれますが、

帰ってきたときまでには一輪も歓迎をしてくれるために

残っていませんでした。

とにかく、その花はいっぱいのちょっと不思議な実を生じました。

先日、植木を引き抜いて、乾燥するために束ねました。

 繊維になるまで、まだいろいろな工程がありますが、

大事な部分はついに済みました。一歩一歩進みます。

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

6+

トルティーヤ作り(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

私の出身のサンディエゴはメキシコと境を接していますからメキシコ料理を食べることがよくありました。

かなり懐かしいという感じがあります。

この辺でタコスやトルティーヤが(特に焼き立てトルティーヤ)買えないので自分で作ります。実は日本に来るまで作ったことがありませんでしたがとっても簡単です。

適当に感覚で生地を作りますから、材料の量がわかりません。

もちろん大部分は小麦粉でちょっと油と塩を入れて混ぜてからやわらかい生地になるように水を入れます。その記事を小さいボールに分けて、麺棒で一つずつ薄く伸ばします。

 伸ばしてからすぐにとても熱いフライパンで焼きます。薄いから数秒だけ両面を焼きます。焼きすぎと固くなっちゃいます。

今回のトッピングはカル二タスという豚肉料理とキャベツと玉ねぎを用意しました。なんでも使えますから幅広いタコスの種類があります。

たとえば、ある職場でベトナムのバインミーを元としたタコスまで出されていました。みなさんもトルティーヤとタコスを作ってみてはいかがでしょうか?

では、いただきます!

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

4+

日本で初めてのガーデン(バーネット・ケイシー)斉藤林業スタッフブログ

初めまして。 

今年の2月より 斉藤林業に勤め始めました 

家具工房のバーネット・ケイシーです。

それと同時に新しい住まいに引っ越しました。

今度は一戸建てですから ちょっと狭くても庭があります。

自分としてはワクワクしています(^^)/

なぜなら、何年もアパート住まいだったり

何回も引っ越したりでしたので 鉢植えでさえ

花や野菜を育てる機会がありませんでした。

見た目 まだまだな格好ですが 努力と気持ちを込めたので

「私のもの」という感じがあります。

今、ブロッコリーエンドウニンジンオクラケールスイカも蒔いています。

特に興味深いのは初めて「亜麻(あま)」を育ててみました。

引っ越し前にプランターに植えたのが ここまで大きく育っています。

これを時期が来たら収穫して 繊維を加工して紡いでみるつもりです。

本当に待ち遠しいです。

ぐんまの木の家 家具工房 バーネット ケイシー

10+