こんにちは!家具工房の野田です!  (野田)斉藤林業スタッフブログ

今日作らせていただいた、家具を紹介します! 
 
まずは半円のダイニングテーブル!

続いてはうずくりベンチ

最後は卵のカタチのコタツです!

仕上げにヒーターパネルを取り付けました!

やっぱり家具を作ってるのはたのしいです!!

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 野田洋平

8+

誰でも出来る竹ランタンのすすめ(中村勝彦)斉藤林業スタッフブログ

簡単に特殊な工具も不要な竹ランタンで、

あなたの暮らしに趣をプラスしてみませんか?

頃よく切った竹に思うがままに穴を開け、

中にキャンドルを仕込むだけで

圧倒的な趣があなたの暮らしに訪れます。

これは小型の竹ランタン。さらにデザイン性を加えると・・・

夜空に輝く打ち上げ花火が現れます。

この御時世、花火大会も消え失せ、大きな闇に包まれた世界に、

貴方だけの花火を打ち上げてみませんか?

「暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう」by マザーテレサ

ぐんまの木の家 断熱施工担当 中村勝彦

19+

待たれる梅雨あけは・・・断熱職人(佐藤)斉藤林業スタッフブログ

8月も間近になりました。

ソロソロ 梅雨明けも・・・

こんな空を見上げるのも数日ですね(^^♪

梅雨と一緒に、コロナも明ければ・・・と思う毎日です。

ぐんまの木の家 断熱施工担当 佐藤明利

5+

小さなお客様(広瀬)斉藤林業スタッフブログ

先日より弊社の基礎は、断熱材一体打込式の基礎に変更になっています。

コンクリートの一体成型により強度、水密性、防蟻性、床下エアコンとの親和性の良い優れものです。

その材料の出荷準備をしていたところ・・・。

材料(打込断熱材)の間からカエルが何匹も出てきました。

雨で寒かったので暖かい断熱材の間に入っていたのかも。

可哀想なので自然に返してあげました。(^^)

(小さな命を大切にねっ:心の声)

有害生物のときはこの限りではありませんが・・・(・_・;)

 

生産 広瀬晃一

5+

可動棚加工(小林)斉藤林業スタッフブログ

今日は家具工房で可動棚加工をしています。

まずは帯鋸(おびのこ)テーブル機(帯鋸とはノコギリの歯の部分が

帯のようになっていて、回転して板を切る機械)で

板の節の所を落とすように挽きます。

次に直角2面カンナ機で、側面左右を加工します。

直角2面カンナ機とは、側面と、下面を1度に加工する機械です。

以上、コバちゃんでした!!

ぐんまの木の家 生産 小林多加志

6+

熱中症対策(吉野)斉藤林業スタッフブログ

乾燥炉へ材料を搬入する時に

乾燥前の含水率や配置・サイズなどをデータとして残しているのですが、

記入をするのにテーブル代わりにしている場所が直射日光がすごく、

電卓が暑さで表示部分が真っ黒になってしまうので

傘で日除けを作ったのですが、

 

傘では小さすぎて短時間しか日陰にならないので、

本社よりパラソルをいただいてきて作り直しました。

人も機会も暑すぎると調子が悪くなるので、

水分・塩分・休憩で暑さに負けずに頑張りましょう。

ぐんまの木の家 生産第二工場 吉野 歩

8+

ステイホームということで。(渋澤)斉藤林業スタッフブログ

時計の電池の交換に、挑戦しました。

まずは、必要な工具をそろえて、U-チュウブでやり方を確認。

 

裏蓋をはづし、電池を入れ替えました。蓋を閉めて修了。

見事にうごきだしました。

ちょっと感動。

ぐんまの木の家 生産第一工場 渋澤 隆

9+

猫に小判(小澤)斉藤林業スタッフブログ

今の時期山間部の道を通るとあちこちに

またたびの葉が目立ちます。

家の庭もあちらこちらから野良猫が目立ちます。

よく喧嘩をするのでストレスを感じていたのではかわいそうなので

少し枝をもらって庭に置いてみました。

そしてしばらく様子を見ていると2匹の白黒猫が現れました。

ちなみに大きいほうの白黒がきんじと言う名前で

小さい方がもどきだそうです。

私の娘が名づけました。どっちがどっちだかよく分かりませんが・・・

しばらく様子を見ていると2匹ともトロトロに溶けました。

さすがに極上のまたたびは違うなぁと思いました。

もうストレスはなくなっただろうと思い私は家の中に入りました。

そしてまたまたしばらくすると残念ですがいつもの通りの喧嘩が始まっています。

ぐんまの木の家 生産第一工場 小澤 敏行

8+

森林浴!(^^)(茂木)斉藤林業スタッフブログ

自宅からすぐ近くの子持山。

「ぐんま百名山」の一つに選ばれている山です。

渋川方面からの登山道は起伏が多く中上級者向けのコースで知られていますが、

今回は「森林浴」と言うことで、ハイキングをしながらの

リフレッシュに出かけました。

この山は、地元小学生の遠足コースにもなっています。

一人散策をしながら、当時の思い出に浸った休日でした。

ぐんまの木の家 本社生産運搬担当 茂木茂美

5+