ロングライフモデルハウス(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

先日、高崎展示場で予約見学のお客様をご案内していました。
太田からお越しでしたので、遠くからお越し頂いたお礼と理由を尋ねましたところ、

「年数が経った建物を見てみたかったので」 との事でした。

そういえば、

隣の三井ホームは解体撤退済み。

向かいのヘーベルハウスは建て替えにより近々解体予定

そしてセンターハウス前のミサワホームも建て替えによる解体中。

みな築5年ぐらいの新しいモデルハウスですが、
毎年のように新商品が出るハウスメーカーだと旧モデルで参考にならないんでしょうか?

そんな中、

築14年の当社高崎展示場は特別なメンテナンスもしないのに、木の色も落ち着き艶も出てきていい感じです。

考えてみたらお施主様にしてみたら、築14-15年目なんて住宅ローンもやっと半分、
一般的には「そろそろ外壁の塗り替えやリフォームでも?」なんて勧められる頃ではないでしょ?
その必要があるかどうか?ご来場いただければわかるかと思います。

お客様係 飯塚 邦彦

9+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA