キビシイCAMP(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

今回のキャンプは厳しかったDETH!

GW中の二日の休日と明けてからも2週連続で水木の休みは雨。
待ちに待った晴れ予報の水木、前日に予約を取り、
Amazonから4月21日に届いたテントも積み込み、万全の態勢でお気に入りのキャンプ場にやってきました!

受付で、「夕方から天気が荒れるみたいなので気を付けてくださいね!」

「えー!そうなんですか?予報は良いはずだったんですけど・・・」

低気圧が急速に発達し西から急速に荒れ模様との事らしいです。
今のところ天気いいし、まぁ、なんとかなるでしょう。
来ちゃったし。

はやる気持ちしか無かったので、早速設営しました。
今回導入したテントは今まで持っていたものよりも大きいのに収納サイズがコンパクトで軽量。バイクでのキャンプにぴったりと思って購入した次第です。
(でも、大きくて軽い=生地が薄いという事でもありますが、
この時は生地が薄い事への心配など微塵もありませんでした。)


買い出しに行った業務スーパーで発見したnewおつまみ「ひねポン」
パッケージの鳥さんと目が合い思わず買ってしまいました。
ひねポンとは姫路のほうの郷土料理で、ひね鳥とは卵を産めなくなったBBAの鳥のことだそうです。


あとは安定の馬刺しで


荒船山を見ながら、待ってましたの乾杯!
これですよっ!コレ、コレ!


ひねポンは新玉のオニスラときゅうりを薬味にいただきましたが、
流石BBAの鶏肉だけあって薄く細かく切ってあるのにシッカリした歯ごたえ(固いともいう)ながら、炭火の香りと噛めば噛むほど味が出て、まさに熟女の魅力。
リピートしそうです♡


このころから風が強くなり、テントの中に半分入る形でくつろいでました。
「やはり大きめのテントは良いなぁ」なんて悦に入りながら・・・


そのうち太陽が雲の中に入りがちになり、見る見るうちに


今にも降りだしそうな空模様となったので、バイクを中に入れてあげました。
バイクでのキャンプにぴったりなのはコレができるからです!
それでも、モツ煮とガソリンの臭いをアテにパック酒を呑り平静を装いますが・・・。

日が暮れてからは台風か?!ってぐらいの暴風雨。
バタバタ、ギシギシ、テントが悲鳴をあげてます。
大丈夫か?破れちゃううんじゃね?このテント。

新しいが故の未知のポテンシャルと薄いことが不安に変わりました。

(写真を撮っている余裕がなくなりましてスミマセン)

このあとは、一向に止まない風雨の音にビビりながら寝袋の中で

「車だったら車内に避難できたのにバイクでキャンプは厳しいなぁ、
テントが飛んだらどうなっちゃうのかなぁ?」

と悶々としていたら寝られなくなり、朝の3時に片付けをはじめました。
すべてのキャンプ道具を仕舞って荷造りをし、カッパを着こんでテントが飛ばされても被害はテントだけの状態で

「あとは好きにして!」状態でテントの中で寝転んで夜明けを待ちました。

夜が明けても暴風雨は一向に収まりません。
(↑テントの薄さがお分かりかと思います。)

一見すると静かな霧の中みたいに見えますが、風、雨、霧がスゴイです。

予報ではお昼ぐらいに回復に向かうとの事ですが、このままテントの中で待ってても埒があかないので風雨の中、強硬に撤収し7時半にはキャンプ場を後にしました。

雨の中の峠道では、いつぞやの転倒の恐怖も蘇り緊張しましたが無事帰宅することができました。

今回は厳しいキャンプでしたが同時に、安心して寝られる家がある事のあたりまえの有難さを実感するいい機会となりました。

次回はユルめのキャンプを希望します!

お客様係 飯塚邦彦

4+

細部こそ大事(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

前橋市で建築のM様邸も来週お引き渡しです。

工事中の養生も外れ完成状態をM様にご確認いただきました。


福地スタッフが設計したM様邸、全体的に品が良く洗練された雰囲気に仕上がりました。

全体を見てそう感じるのは細かい部分にまで気を使い手間を掛けているからです。

たとえば、右側の造作収納カウンターの端は


側板(縦の板)とカウンターが斜め45度の角度の切り口同士を接合しています。

こういった部材同士の取り合いを「留め」(とめ)、留め接ぎ、留め加工、留め納まりなどと言います。
通常より材料の加工精度や接合部の強度確保など技術が要求されますが、
材の厚みを見せず、接合部をすっきりとシャープに見せることができます。

「神は細部(ディテール)に宿る」

近代建築の巨匠ミース・ファン・デル・ローエが残したとされる名言で、
「細部(ディテール)へのこだわりが作品の本質を決める」といった意味です。

なんか人間にも通じる気がしませんか?
小さい人間扱いすることを恐れず、細かい事にもこだわっていきたいと思います。

お客様係 飯塚邦彦

3+

○○○る機械(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

私たちの生活はありとあらゆる機械に囲まれています。

そして機械はいつかは壊れるものであります。


先日、我が家の浄化槽のブロワー(送風機)が止まっているのに気が付きました。
普通だったら「ブー」という音が出て触るとブルブル振動しているのですが、完全に停止しています。
このブロワーは浄化槽の中で汚物を分解してくれている微生物にとって必要な空気(酸素)を送っている大切な役割があります。
ブロワーが止まり、酸欠になると微生物が死んでしまい汚水を浄化出来なくなってしまいます。

通常ですと交換や修理を依頼するのですが、新品をネットで買っても1万5千円ぐらい、修理に出しても同じくらいかかるそうです。
まして業者に交換を依頼するとなると5万円ぐらいかかるのではないでしょうか?(知らんけど)

でも大丈夫!
今回みたいに完全に止まっている場合は、簡単な部品交換で治せる可能性大です。

では、分解してみましょう。

プラスドライバーで4隅のネジを外せば


カバーが外れました。


さらに剥いていきますと、こんな部品が左右ふたつ現れます。
これはダイヤフラムと言ってゴムの振動膜です。
モーターによってこのゴム膜の弁が動き空気を送り出しているわけです。

薄いゴム製の部品なので何年かすると劣化して破れてしまいます。
反対側はほら、破れていますね。
これさえ確認できればもう勝ったも同然
いや、        儲かったも同然です!


浄化槽メーカーからメンテナンスキットが出ていて、ネットでポチればすぐ届きます。私の家のブロワー用で4,300円ぐらいでした。


今回交換した部品です。
ダイヤフラムの他にもフィルターやパッキンなど経年で交換した方が良いものがセットになっています。


故障の原因の破れたダイヤフラムです。


綺麗に掃除して、また数年がんばってもらいましょう!

機械は壊れるものですが、直せるものでもあります。
大切に使いましょう!

壊れるといえば、こちらの機械も・・・・

現在修理中です。

お客様係 飯塚邦彦

6+

進化した健康住宅(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

高崎市で建築のK様邸が完成し、本日お引き渡しさせていただきました。


K様邸はオールアース工事で以前ご紹介しました。
竣工時の電磁波測定も無事終わり、安心のお墨付きをもらいました。
進化する健康住宅②(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

電磁波の心配に対しオールアース工事と屋内の配線経路やパワコンの設置場所などもしっかり対処しながら、太陽光発電と蓄電池も装備したオール電化住宅です。


また、寝室には片引きタイプの雨戸を設置いただきました。

引戸の雨戸というと懐かしい感じがしますが、じつは・・・


雨戸のルーバー(羽根)は左右/上下それぞれ角度が変えられます。

防犯しながら通風、採光、遮光できる優れモノです。
これからの季節、この窓の外側で日射を遮蔽するというのがミソで、
室内のカーテンやブラインドなどで遮蔽する方法より3倍効果があります。
〔よしずやすだれ、グリーンカーテン、タープなども有効です。)

「ウチなんてほら、天井も平らだし、斉藤林業っぽくないでしょ?」とK様はご謙遜されますが、
むしろ一歩進んだ健康配慮と自然エネルギーを機械的・自然的に活用、コントロールできる斉藤林業の家の近未来型モデルではないかと思ってます。
はじめて採用の部材やシステム、工事がモリモリのK様邸でしたが、
設計・監督と平田スタッフが奮闘してくれ、無事ご満足のお引き渡しをさせていただくことができました。

K様、ご新居完成お引き渡し、誠におめでとうございました!

お客様係営業部 飯塚邦彦

2+

完成「光と影の家」(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

久しぶりの2階建ての完成見学会を実施させていただきましたW様邸をお引き渡しさせていただきました。


イベント告知で「どかんっ!と吹き抜けた家」と謳った通り、
リビングダイニング上がほぼ吹抜けの開放感あふれるお住まいです。


圧倒的吹抜け感と木の質感が心地よいですね!

W様邸の素晴らしさは明るい場所だけでなく、
敢えて落ち着けるトーンの場所も設けている所だと思います。

落ち着きたいリビング脇の和室は南に面していながら窓面積を押さえ、
一面にグレーの壁紙をアクセントに使いトーンを抑えてあります。
和室からリビングを見ると・・・


拭き抜けからの光がより強調されるのがお分かりかと思います。

影と光の使い方が流石な土屋スタッフの設計作品です。

W様、お引き渡し誠におめでとうございました!

お客様係 飯塚邦彦

1+

桜前線北上中(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

先週は埼玉の神川町で満開のお花見キャンプを満喫しました。
今はもう、高崎・前橋あたりの桜はほぼ散ってしまったので、
もう少し北上すれば今週もお花見キャンプを楽しめるのでは?

カブにネギ背負ってやってきましたのは渋川の北、旧子持村のキャンプ場。

チーン!
完全に桜前線に置いていかれ、すでに場内の桜は葉桜と化してました。
子持を通り過ぎ、沼田がちょうど見頃のようでした。

それでも河川敷の遅咲きの桜が見える所に陣取り

おつかれさまの辛口ドライ!

落ち着いたところで、寝床を設営します。
雨の可能性もある天気予報だったのでハンモック泊としました。

桜を見ながら、ほろ酔いでハンモックに揺られたら、ZZZ・・・

気が付けば夕方で夕食準備です。
(鳥類への復讐は終わってるはずですが・・・、)手羽中の水炊きを焚火でつくり

取れた白湯スープで

値引きでゲットしたお刺身ワカメを舞茸とネギと一緒に

しゃぶしゃぶしていただきました。
「これでもう、フサフサだぜ!」

桜を見ることなく、静かに夜は更けていきました。


今回ハンモック泊という事もあり、荷物はここまで減らすことができました!

お客様係 飯塚邦彦

3+

記録更新!(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

本日は本庄市で建築のKH様邸の棟札奉納式でした。

おおらかなシルエットが綺麗な大屋根の外観です。
設計は星野スタッフ、現場監督は大塚スタッフの初担当物件です。
若手スタッフに刺激をいただきながら、オジも頑張ってます!

いつものように木材のグレード(強度、含水率)をチェックをしてみますと、

おぉっ、E130!
(Eは曲げたわみ強度の等級です。)

えっ!? ここにもE130。

110はもはや珍しくなく、あちらにも、こちらにも見られるなか・・・

そしてなんとっ、E150を発見しました!

以前E130を初めて見て以来、昨年は梁でE150を見ましたが、
柱材でのE150は最強記録です。
木材の強度のお話は↓をご覧ください。
出ました、新記録!?(飯塚)斉藤林業スタッフブログ
もくざイー話し(飯塚)斉藤林業スタッフブログ
もくざイー話Ⅱ(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

群馬の木がどんどん強くなってきているのでしょうか?

KH様、本日は上棟まことにおめでとうございました!

お客様係 飯塚邦彦

5+

お花見キャンプ(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

みなさん、お花見はしましたか?

ちょうど今、見頃ですね!

ということで先日の休日は、花見&ツーリング&キャンプ&サウナと欲張って参りました。


カブをトコトコ走らせやってきたのは
(ん?なんか既視感のある風景)


いつもの河川敷。
今年に入ってここだけ、連続4回目です。
桜の木の真ん前を陣取り、昼間から


新作ビールで乾の杯!


この日のアテに焼き鳥は欠かせません。
なぜなら昨日・・・

フロントガラスからリアゲートに至るまで、
盛大に鳥類からの攻撃を浴びたので、ささやかな逆襲です。


ふふっ、勝ったぜ!
焼かれた鳥を頬張りながら、勝利の美酒がススムくん。

昼間から

いい感じデス

餃子が焦げてもへっちゃらです。

いい感じのまま夜は更けていき、きっちり20時から22時まで隣の温泉へ。
マスター熱波師セキネさんによるロウリュウで整い、テントに戻りました。


朝までぐっすり・・・
と言いたいところでしたが意外に冷え込み、よく寝られませんでした。


朝は贅沢にも卵二個使いのベーコンエッグで

ぶじに鳥類への復讐も完結しました。

さすがに次は違うキャンプ場へ・・・

お客様係 飯塚邦彦

7+

がんばれ新社会人!(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

私:えッ!?業者に頼むんだし、オレ行かなくていいんじゃね?
  (キャンプ行きたいんですけど・・・・)

妻:男の人がいるだけで引っ越し屋さんの対応が違うらしいから、
  居るだけでいいから来てもらわないと!


という事で、3月末の絶好のキャンプ日和に東京の西から東へ娘の引越しを手伝いに行って参りました。
結局のところ、引っ越しの現場を前に営業マンの私が黙って見ていることは出来ず、
「次、この段ボールでいいっすか?運びますよ!」と、ただの引越し業者スタッフの一員と化してました。

カミさんは引っ越し先の娘の部屋に一泊(結局二泊)して帰ってくるとの事で、大量の段ボールの空き箱と引っ越し先で不要な荷物を車に積んでひとり帰ってきました。
子育て卒業の安堵感と娘はもう群馬に戻って来ないんだろうなぁ、という寂しさのなか、夕暮れの関越自動車道を涙で滲む上州の山々を見ながら帰ってきました。(ウソです)

新社会人といえば、我が社にも4名の新社会人が入社しました。
さっそく私が担当する玉村町Y様邸の地鎮祭に研修の一環で参加しました。


お施主様のY様とおそろいの(憧れの?)半纏を着て「はじめてのじちんさい」
神主さんに、今後の成長と活躍の祈念もこっそりお願いしておきました。

Y様、たくさんの列席でビックリさせちゃいましたが、普段より大人数で工事の安全祈願をさせていただきました。
地鎮祭まことにおめでとうございました! 

なにはともあれ、新しく社会人になった若者には、楽しく頑張っていただきたいものです。

お客様係 飯塚邦彦

5+

私の愛車遍歴(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

4月に入り初めての愛車で通勤する新社会人の皆さんも多い事と思います。

そんな私も二十歳で初めて愛車を持ってから32年経ちました(遠い目)。
そこでこれまで乗ってきた車を振り返ってみたいと思います。
(当時の実物写真は家を捜索しないと出てこないので、出来るだけ同じ年式、グレード、色の写真をネット上から拝借いたしました。)

1台目 ホンダ インテグラXsi

はじめて買った車はワインレッドの「カッコインテグラ!」(当時、マイケル・ジェイ・フォックスがCMしてました。わかる人は同世代?)
HONDAがV-TECを初めて市販車に搭載した歴史的な車で、
マニュアルトランスミッション(MT)車です。
中古で購入後3~4ヶ月で自爆、修理代でローンが2倍になったほろ苦い思い出のマイファーストカーです。

2台目 スバル アルシオーネSVX バージョンE

愛車遍歴上、最も変態度の高い1台です。
スバルがバブル期に北米市場向けに技術の贅を尽くして開発したものの、
日本で発売の期を逸してあまりにも売れなかった希少車。
排気量3.3ℓ、燃費も5km/ℓぐらいで維持費が大変でしたが
ガソリンスタンドの店員でさえ「コレ、なんていう車ですか?」と聞かれるくらいレア車でしたので満足度の高い1台でした。

3台目 スバル インプレッサスポーツワゴンWRX

初の新車購入。
大きな排気量で長距離を楽に走るアルシオーネに対しこちらは、
瞬発力勝負のMTターボで、とにかく速かったです!
重心も低く、スキー場ではオフロード車が立ち往生するような場面でもへっちゃらでした。
いっぽう、瞬発力に全振りしたギア比だったため高速道路で100km巡行でも5速3000回転以上回っちゃってうるさかったです。
このころは独身で車にお金が掛けられたので、3年で乗り換えました。

4台目 スバル レガシィB4

結婚すると自分だけの意志では車を買えなくなるため、独身最後に新車で購入。
280馬力のMTターボ車でしたが、インプレッサよりは落ち着いた特性なので気に入り、さり気なく車高を下げたり、ブレーキを変えたり、ショートストロークのシフトを入れたりイジって10万km以上乗りました。

5台目 スバル フォレスター

この車を買ったキッカケは転職。
当時勤務していた会社が事業撤退のため転職することになりまして、
転職先の会社から営業車兼通勤車でマーチが貸与されることになり
置き場の関係から家の車を1台にする必要が生じました。
レガシィはマニュアルなのでカミさんが運転を心配し、かと言ってカミさんの軽自動車(ヴィヴィオ)とマーチっていうのも・・・・、
という事で割増退職金をフォレスターに全投入です。
四駆で車高も高く荷物も積め運転しやすい大きさ。
もし一生で1台しか車を持てないとなったらフォレスターを選ぶと思います。

5台目 フォルクスワーゲン ポロ

結局さらに転職、斉藤林業に入社し通勤と営業でフォレスターを使ってましたが、営業から設計部門への異動を機に「距離乗らなくなるなら輸入車も有りかも?」
なんて気持ちが沸きはじめ、輸入車初心者なので安心を選び、ディーラーで新車購入しました。
積載車のお世話になるようなトラブルも2度ほどあり、「外車って本当に壊れるんだぁ~」と実感した次第です。
でも、コンパクトでキビキビ走り高速でも安定してるので気に入り、営業に戻っても乗り続け10年、21万キロと乗り尽くしました。
車屋さんに持っていく最後の最後に首都高速上で不動になった時には、
「機械でありながら心を持っているのでは?」と感慨深かったです。
長い間お世話になりました(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

6台目(現在) ミニクーパークラブマン

輸入車でも意外といける!
ポロで妙な自信を掴んだので「低年式中古輸入車」という禁断の選択肢に手を染めちゃいました。安い中古輸入車を修理覚悟で維持していく作戦です。
過去に運転中の携帯注視で国庫に納金すること4回、「ケータイ見ちゃうのは楽ちんオートマだから」という理由と故障リスクを考慮し、またマニュアルに戻りました。
クセ強め(飯塚)斉藤林業スタッフブログ
クセ強めのカーライフ(その後)(飯塚)斉藤林業スタッフブログ

マニュアル車は少数のわりに根強い需要も有るため、売るとき高値が付くかも?
という下心は昨年の雹でボコボコに打ち砕かれましたので、長く乗っていきたいと思います。

お客様係 飯塚邦彦

9+