大収穫!!(中村)斉藤林業スタッフブログ

休日、友人と二人で大好きな渓流釣りに出かけてきました。

釣り場は沼田市の奥地 根利川。

今回は中々釣り上げることの出来ない尺イワナ(33㎝)を釣り上げました!!

先ずは友人が釣り上げ、続いて私にも幸運が!!

30㎝を釣り上げました。

「ヤッタネ♪」と顔を見合わせ、「また行こうね」と

次回への期待が膨らみました。

駐車場にはすでに秋の花の[大反魂草]オオハンゴンソウが

群れを成して咲き乱れていました。

暑い日は続いていますが、秋も近いと感じました。

一カ月弱で釣りのシーズンも禁漁期に入ります。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

8+

趣味の渓流釣りの休日(中村)斉藤林業スタッフブログ

休日に釣り仲間が集まり渓流釣りに出かけてきました。

向かったのはみなかみ町の八木沢ダムの対岸の深い沢。

ダムのゲートが開くのが早朝の6時。

ワクワクしながら、その時間をみんなで待ちます。

ボートで対岸へ渡り、沢を登り釣り場に付きました。

日光イワナを釣り上げた 樺澤大工

大物のイワナを釣り上げた天田大工

社長も満面の笑みです。

思わず笑ってしまった、ミノーと同じくらい小さな魚も・・・

沢の流れの音・・・

新緑の済んだ空気・・・

リフレッシュをしながら趣味を楽しんだ

最高の一日でした!(^^)!

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

11+

訪問先にて・・・(中村)斉藤林業スタッフブログ

高台の見晴らしの良い立地に立つ U様邸ですが・・・

目の前に道路が走っています。

この道路を往来する車から、リビングが見えてしまうとの事。

「何か対策はありませんか?」とのお問合せを頂きました。

そこで提案したのが、植樹です。

今回は、ヤマモモ(山桃)の木を提案。

早速植える作業に・・・

植えているのは、フレッシュ新入社員の藤田スタッフ!

ヤマモモは常緑樹なので一年を通して緑が楽しめ、

又、真っ赤な実をぶら下げた愛らしい姿が初夏に見られます。

この実が赤く熟します。

収穫が出来たら「果実酒やジャムをつくるのが楽しみです💛」と

お客様にも喜んで頂きました。

目隠し鑑賞食用と三つの役目をしてくれる今回の植樹でした。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

4+

訪問先にて・・・(中村)斉藤林業スタッフブログ

ステイホームが広がっている中

ホームオーナー様の楽しみ方をご紹介いたします。

うらやましいくらいの広い敷地の庭には

白樺やナラなどの樹木が木陰を作っています。

そんな樹木を利用してのハンモック‼

外に出掛けなくても アイデァ次第で

家族で楽しめます。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

3+

訪問先にて・・・(中村)斉藤林業スタッフブログ

キャベツの苗が植え終わった畑の向こうに遠く見える

浅間山を見ながら今日は嬬恋村の現場に向かいました。

嬬恋村のキャベツ農家の人たちは浅間山の「さかさ馬」という雪渓が

見え頃になると農作業を始める目安としているそうです。

どれがその「さかさ馬」かな??・・・と思いつつ

快晴の道を車を走らせました。

途中には、桜と白樺

猿にも遭遇しながら、

まもなく 上棟式を迎えるお客様の現場に到着です。

今回の現場は 家と畑の敷地を分けるために

現場で掘り起こした石を利用しました。

捨てる石も利用すると価値ある物になりますね。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

2+

訪問先にて・・・(中村)斉藤林業スタッフブログ

お客様のお宅や現場に伺う際、吾妻方面が多くあります。

今回も八ッ場ダムを通るルートです。

今日の湖水の色は珍しく深いエメラルドグリーン

こんなに穏やかなダムも

昨年秋の台風19号の時には濁りきった様(さま)でした。

 

下流の地区の川の氾濫を救った八ッ場ダムです。

今は、新型コロナウイルスの感染症対策の自粛を受け

施設もダムカードも当面の間休止となっています。

終息を迎えた時には、やんば見放台の高台より

美しい湖面を眺めるのが楽しみです。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

7+

春も間近を感じた一日(中村)斉藤林業スタッフブログ

今回は沼田より片道約60キロの吾妻郡の六合村の

ホームオーナー様宅に訪問です。

ご家族様の笑顔と一緒に

春を告げる福寿草もお出迎えしてくれました。

楽しい歓談の後の帰り道

まだ雪の残る畑の広がりの先に低い噴煙を上げた

浅間山の眺望が見事でした。

春も間近だな・・・と感じた一日でした。

ぐんまの木の家 お客様係 中村富一

4+

仲間と(休日の)岩魚つり (中村)斉藤林業スタッフブログ

釣り場に着く前の一休み(これからの展開を想像して)

セミ達の鳴き声が初夏の谷に響きわたる
(ジージー・ジージーと鳴き声がシャワーの様に降り注ぐ)


これもいいイワナだね

初夏を告げるトチの木(花)

熊も木の上からコンニチワ(突然に)

お客様係 中村富一

5+

テンカラ釣りの毛ばり作り(中村)斉藤林業スタッフブログ

渓流釣りの好きな私は、自分で作った毛ばりで休日釣りに時々出かけます。

自分で作った毛ばりで釣った方が、グッとくるものがあります。

今日は、釣り仲間4人で針を巻きました。

先ずは地図を広げての釣り場談義!

材料を並べて店開き、さあ開始です。


猫も仲間に加わって、

楽しく話も弾みながらアッと言う間の3時間♪

 

 

釣りのお好きな方や毛ばり作りに興味のある方は

一緒に作った毛ばりで魚に会いにいきませんか?

お客様係 中村富一

4+

釣歩き日誌(中村)斉藤林業スタッフブログ

 

利根沼田地区の渓流は、3月1日で解禁を向かえました。

しかし、解禁から1ヶ月以上経つというのに今年は雪が多い。

どんな様子か今年初めて、牧場の奥にある川へ行ってみました。

 

牧場の牛は放牧されていましたが、まだ牧草は無く枯葉のみで、もの寂しい感じです。

そのせいなのか、牛たちも弱々しくいつもより小さく見えました。

 

t-nakamura-20170430-01

 

牧場のすぐ上で車を止めて、林道を歩き川へと降りて行きました。

t-nakamura-20170429-07

しばらくは釣り上げるがアタリは無しを繰り返し、ようやく一尾の小イワナを釣り上げました。

t-nakamura-20170430-08

 

 

このすぐ上の白樺の林で、日本鹿三頭と出会いましたが

ピーピーと鳴きながら、あっという間に林の奥へと消えていってしまいました。

 

その周りを見てみると木の根元は鹿にはぎ取られ、かわいそうなことに・・・

P1180533

鹿は国内でも最も被害の大きい困った動物でもあります。

樹皮食いにより形成層を傷つけられた木は、やがて枯れてしまうこともあるのです。

t-nakamura-20170430-05

t-nakamura-20170430-04

t-nakamura-20170430-06

鹿の食害から木を守るために、さまざまなテープや布が巻かれ対策されておりました。

 

お客様係 中村富一

中村

3+