「カンナの刃の研ぎ方」(高橋)斉藤林業スタッフブログ

今年初めて、カンナの刃を研ぎました。

砥石は使っているうちに、その人の手くせによって中央部がくぼんだり、砥石の表面がねじれたりするので、このような砥石では、鋭い刃先は得られません。

砥石面は刃物の定盤なので、常に平らにしておく必要があります。

(私は、ダイヤモド砥石でやっているので早く平らになります。)

刃の研ぎ方は、腰を低くして刃先に体重を掛け、刃は常に砥石面に密着させて往復します。

引く時は刃先をた立て、(押す時刃先が浮くような研方では、丸刃になってしまいます。)中砥で一通り研いだら、指の腹で軽く裏刃の先を調べます。

この時、かすかにざらざらと感じられたら、中砥で研げた証拠です。

(指の腹に手ごたえを感じるのを刃返りといいます。)

次に刃返りの無くなるまで、仕上砥石で表刃10回につき

裏刃2~3回の割で研ぎ合わせます。

これで切れ味バツグン!!

今年もこの道具を使い、心を込めた材料の加工を行います‼

ぐんまの木の家 生産 高橋宏元

3+

初雪(高橋)斉藤林業スタッフブログ

12月5日 沼田地方に、が降りました。

畑や、モミの木は、薄っらと雪化粧になり、

私も車のタイヤを「スタットレス・タイヤ」に交換して、冬の準備が出来ました。

モミの木を見ると、もうすぐに、「クリスマス」だなと思い、今年は特に一年が経つのが早く感じます。

皆さんも沼田方面に来るときは、冬の服装や、いつ雪が降るかわからないので

「スタットレス・タイヤ」に交換して準備万端整えてお越しください。

ぐんまの木の家 生産 高橋宏元

3+

格天井(ごうてんじょう)(高橋)斉藤林業スタッフブログ

私が若い頃に、宮大工さんに教えてもらった

格天井(ごうてんじょう)の組み方です。

格天井とは、木を組んで格子(こうし)形に仕上げた天井のことで

お寺や神社・お城などの天井に組んで有ります。

参考までに格天井の写真です。

斉藤林業に入って二度玄関と和室の格天井を仕上げました。

28年ぶりに、桧材を使って、手作業で刻み、組み上げました。

ちなみに、表と裏が同じに組み上がっていますので、

家の中にも飾りとしても使えます。

ぐんまの木の家 生産 高橋宏元

17+

実りの秋(高橋)斉藤林業スタッフブログ

栗の木を植えてから、今年しで4年

木も大きくなり、昨年よりも夏にネコジャラシのような花が多く咲きました。

そして、9月下旬には、イガが茶色くなって割れ落ちてから、

イガを両足で踏み実を取り出して収穫。

栗の食べ方は、茹でたり、栗ごはんにして食べました(^^♪

秋の味を美味しくいただきました‼

来年の2月下旬には伸びた枝の剪定をします。

大木になりやすい性質なので、大変ですがコンパクトに仕立げるようにしています。

手入れをして実が沢山なるようにしたいです。

ぐんまの木の家 生産 高橋宏元

5+

眠りから、目ざめた時計(高橋)斉藤林業スタッフブログ

渋澤スタッフが必要な工具をそろえて、時計の電池交換をしたと聞き、
 
私の時計も、「電池交換をしてくれないか?」と頼むと
 
「工具を貸すから、自分でも出来るよ」と言うことで、
 
工具をかりて電池交換に挑戦してみましたが・・・。
 
時計の裏蓋を中々開けることができず、5分で「自分では無理だ」とあきらめ、
 
もう一度渋澤スタッフに交換のやり方を聞き直し
 
二度目の挑戦でやっと裏蓋を開けることができました。
 
 
電池を入れて表に返すと・・・
 
見事に針が動き出しているではありませんか‼ 感動しました(^_-)-☆
 
 
7年振りに目ざめた私の時計です。渋澤スタッフに感謝ですね。😊
 
ぐんまの木の家 生産 高橋宏元
4+

蕎麦の手打ち名人(髙橋 宏元)斉藤林業スタッフブログ

沼田市秋塚町、そば処山水に家族で行ってきました。

 

てんぷらも美味しかったです。

自分で、生わさびをすり、そばといしょに食べると、

本来の味や香りを楽しめ、美味しかったです。

店主は、群馬県奥利根連合そば会を、立ち上げた人でした。

表に同じ張り紙が5枚張って有るのには驚きました(・□・;)

店主さんが、張り紙を出す勇気と、

お客様に対しての心使いが感じられました❕

ぐんまの木の家 生産 髙橋 宏元

10+

家庭菜園(髙橋 宏元)斉藤林業スタッフブログ

5月にスイカの苗木を植えてから

2ヵ月がたち、小さかった苗木も大きくなり初めました。

高温・強光・乾燥・を好むので、

「早く梅雨が明けてほしいな!」と思うこの頃です🎵

私は、スイカが大好きなので、

「1日も早く収穫できればいいな」と、今から心待ちにしています。

ちなみに、自分で手掛けた物が収穫でき、

食べたときの味は格別においしく感じられますね。

ぐんまの木の家 生産 髙橋 宏元

 

 

5+

かわいいツバメ(髙橋 宏元)斉藤林業スタッフブログ

石墨第一工場の、休憩室外部面に

ツバメの巣があります。

ヒナたちが一日も早く飛べる様にと、親鳥が巣を壊してしまいました。

四羽位のヒナの中に、一羽だけ飛べずにいるヒナ鳥。

ヨシズに捕まって羽をバタバタしますが、うまく飛べる事が出来きません。

親鳥が飛びかたを何度も教えても、飛ぶ事が出来きませんでした。

私は、「ほら、勇気を出してほかの兄弟のように高く飛んで!」

   「また来年、元気な姿を 第一工場の私たちに見せてほしい」

と、ヒナ鳥に、話しかけました💛

ぐんまの木の家 生産 髙橋 宏元

7+

家庭菜園(髙橋 宏元)斉藤林業スタッフブログ

暖かくなって来ましたね!

我が家の家庭菜園も始まりました。

まずは、定番 今年もキュウリの苗を植えました。

風のない日の暖かな午前中に植えるのはすませて、

水やりをした後に支柱立て。

後は、つるが伸びるのをまつだけですが・・・

昨年は、キュウリの収穫が残念ながら少なかったので

今年は、数多く収穫ができる様にしたいと思います。

ぐんまの木の家 生産 髙橋 宏元

6+

スベスベのこだわり!(髙橋 宏元)斉藤林業スタッフブログ

私は枠材を仕上げる時は、どんなに寒い日でも手袋はしません。

仕上げの確認を手で触って、確かめるのが私の仕事のこだわりです。

お客様の現場に良い枠材が出せるように、いつも心掛けています。

そんな私が作業をしている沼田第一工場。

ぜひ、工場見学に来て頂きスベスベにした枠材を手で触れて見てください。

ぐんまの木の家 生産 髙橋 宏元

6+