珪藻土(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

斉藤林業では

内部仕上げの1つに珪藻土が有ります。

「自然素材である、湿気とり、もえない」

との特徴があります。

 

最近では、コースターやバスマット等にも

利用されている様です。

 

宿泊体験ができる展示場「吉岡の家」では

珪藻土バスマットをお試しいただけます。

壁も珪藻土で仕上げているので

気になる方は是非、ご来場下さい!

 

ぐんまの木の家

お客様係   飯坂 佳明

 

5+

浮造り床(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

斉藤林業の自由設計のお家は

1階の床が「浮造り床」が標準仕様です。

厚さ30㎜の杉の木の板材は、

優しい肌触りで踏み心地もとても良いです!

 

木目の固いところ(赤み部分)を残し、

柔らかいところ(白み部分)を

専用のブラシで削る事により

木目の凹凸を強調します。

 

立ち仕事が前より楽になった…などなど

お施主様に大好評を頂いております!

 

まだ体感していない、もしくは

されていない方が身近にいらっしゃいましたら

展示場へ是非お越しください。

 

 

ぐんまの木の家

お客様係 飯坂佳明

 

4+

金の釘打ち(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

先月上棟式をさせて頂きました

お客様邸のときのことです。

 

建て方日に棟木が取付けた日に上棟式を行う

と思う事が大半だと思いますが、

斉藤林業では

屋根、外壁下地、サッシ取付け後で行ないます。

足元も安全で安心して行う為です。

 

式の中ので、

お施主様にも工事に参加していただこうと

金の釘を床下地合板に打って頂きます。

 

 

 

この度はお施主のご好意で

斉藤林業のスタッフも参加させて頂きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかお施主様と

ご一緒させていただくことがありませんので

いつも以上に釘を打つとき緊張しました。

 

貴重な思い出(経験)となりました。

有り難うございました。

 

ぐんまの木の家

お客様係  飯坂佳明

4+

建て方工事で使う道具(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

建て方の時に大工さんたちが使っている道具をご紹介します。

 

柱、梁が組みあがったときに登場する道具で

「風防下げ振り」といいます。

※写真の柱に沿って立てているほうのことです。

 

柱に固定し、垂直になっているかを見ます。

 

写真で斜めに映っている「建ち起し(たちおこし)」という道具で

垂直になるよう確認・補正します。

 

この二つを使って

柱が垂直になっているかをしっかり確認しながら

大工さんたちは建て方工事をしています。

 

 

ぐんまの木の家

お客様係  飯坂 佳明

5+

現場より(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

外壁の下地ボードが貼り終わると

その上に透湿防水シートを施工していきます。

結露しないよう湿気は通して、

木材が濡れないよう水(雨)は通さないという

シートです。

隙間やたるみができないよう

ピシッと貼っていきます。

 

ぐんまの木の家

お客様係   飯坂 佳明

3+

現場より(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

前橋市内の現場で

ぐんま県産材補助金の検査がありました。

 

実際の柱の寸法を測ったり

木材が含んでいる水分量を測ったりします。

 

工場見学会でも見た光景ですね。

 

検査は無事合格でした。

安全に工事を進めていきます。

 

ぐんまの木の家   お客様係 飯坂 佳明

 

 

 

 

4+

基礎の配筋検査(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

現場監督を担当している現場で

配筋検査がありました。

鉄筋の間隔や太さ等を図面を見ながら検査をします。

 

検査は無事、合格しました。

ほっと安心しつつ、次の工事もしっかり監理していきます。

 

ぐんまの木の家

お客様係  飯坂 佳明

2+

新築住宅壁、天井断熱工事 (飯坂佳明)斉藤林業スタッフブログ

 

当社の壁、天井断熱工事(セルロースナノファイバー)表面のシ-ト張りだけ見えて

いますが、壁の中セルロースナノファイバーがしっかり詰まっています。

お客様係 飯坂佳明

3+