空き地があれば・・・(篠原)斉藤林業スタッフブログ

空き地があれば・・・、

「家が建つと思え!」とは、昔の人はよく言ったものですが、

まさか(;’∀’)・・ 

去年の年末。宿泊型モデルハウス吉岡の家。

見事に空き地が・・・汗

月日は経ち2020年5月

建ちましたね(;’∀’)! ええ、建ちました笑

 ですが、ご安心ください!

斉藤林業の誇る「敷地を間どる」「ゾーニング」の考え方は

こんな時を想定しております(^^)/

真南に家が建った吉岡の家  ↑  いかがでしょうか?

それでも採光はバッチリではないでしょうか♪

どのような考え方か、どうすれば・・・など

詳しくは第一日曜日の家づくりセミナーで(#^^#)

詳しくご説明させていただいております!

(ヒントは、敷地の使い方にも順序♪ということで、順序を丁寧にわかり易くご説明します)

以上、吉岡の家より中継でした🎤

群馬の木の家

お客様係り 篠原一石

Processed with MOLDIV

7+

掃除(高橋保)斉藤林業スタッフブログ

暖かい日が続いております今日このごろ・・・・
道路愛護の一環として、本社にあります側溝の、溝さらいを行いました~
溜まると粘土質のように固くなり、臭いも出てきます!

道路愛護だけでなく
気づいたら自分の家の周りと、プラス少しだけでも範囲を広げて掃除すると町も心も綺麗になり気分も良くなります。

皆さんも是非!!

 

 

只今、区のゴミステーション(カラス除け)作成中!
高橋 保

群馬の木の家

11+

この植物は何でしょう?(星野)斉藤林業スタッフブログ

皆さんこの植物がなんだか分かりますか?

緑色の細長い葉っぱは『行者ニンニク』と言います。私の地元だと「尾瀬ビル」と呼んでいます。

餃子に入れたり、刻んで醤油につけたり… 

漬けるとこんな感じです。これを豆腐やお肉に乗っけて食べると美味しいです!

まぁ、匂いが強いので次の日が仕事の時は控えめにしてます笑 休みの日限定ですね笑

最初の写真は私の祖父の家の庭に生えているものです。毎年ここから収穫して美味しくいただいてます。これからも毎年楽しみです!

おいしい植物ですが、実はこの植物に似ている毒を含む「イヌサフラン」という植物があるようです。見つけてもくれぐれも間違えて食べないように気をつけてくださいね!

 

ぐんまの木の家  お客様係 星野 瑠花

 

5+

建て方工事で使う道具(飯坂)斉藤林業スタッフブログ

建て方の時に大工さんたちが使っている道具をご紹介します。

 

柱、梁が組みあがったときに登場する道具で

「風防下げ振り」といいます。

※写真の柱に沿って立てているほうのことです。

 

柱に固定し、垂直になっているかを見ます。

 

写真で斜めに映っている「建ち起し(たちおこし)」という道具で

垂直になるよう確認・補正します。

 

この二つを使って

柱が垂直になっているかをしっかり確認しながら

大工さんたちは建て方工事をしています。

 

 

ぐんまの木の家

お客様係  飯坂 佳明

5+

ボクノナマエハ(飯塚)斉藤林業スタッフブログ


僕の名前は「もくさ君」
燻煙乾燥の副産物をみなさんにお分けするためにグンマー系のヌマータ星から
ここ斉藤林業の高崎展示場にやってきました。


おなかに入っている木酢液(もくさくえき)はガーデニングや虫よけ、臭い消しなど様々な用途に使えるので、

最近のSTAY HOME活動にぴったり!
みなさん、ワタシに会いに高崎展示場に来ていっぱい汲んでいってくださいね!
(ん?なんか矛盾している感じ・・・)

えっ!?「たくさん持っていったら、もくさ君のお腹がすいて可哀そう」だって?
でも大丈夫!そんな時はヌマータ星からタモッちゃん星人が

木酢液の補充に来てくれるんだ。

ちなみに、その日の気分で
続きを読む

10+

不織布マスク洗濯(広瀬)斉藤林業スタッフブログ

最近のウイルスの流行で不織布マスクが不足していますが、仕事で必要。
そこで不織布マスクを洗濯してみました。
酸素系漂白剤(ブライト、ワイドハイター等)を使い、つけ置き洗い表示の2倍の濃さで2時間漬けこみ。
その後手揉みしながらすすいで陰干し。
新品に近いくらいきれいになります。

結果、通常使用には何の問題もありません

現在、最長のもので1月末に使い始めたマスクがまだ現役で使えてます。
既に10回以上洗濯してますが、まだ破れていません。
貴重なマスクなので、破れるまで大切に使いたいと思います。

※主に埃除けの用途なので、外出用が古くなったら埃除けに使い、破れたら捨てるまで徹底的に使用してます。

生産 広瀬晃一

4+

田んぼの畔塗り(くろぬり)(角田)斉藤林業スタッフブログ

4月も半ばに入り~本社、沼田市も、桜の便りが届きましたが✿

そんな中、角田家では今年も稲作作業がはじまりました✨

 

家には小さい田んぼがあります。とはいっても農家ではないので、趣味程度でお米を作っています。先日、田んぼの畔塗り(くろぬり)をしました。

・・・と言うより~ 眺めていたというのが正しいのですが(笑)

(トラクターが無いので親戚の農家に頼んでいます)

畔塗り(くろぬり)とは、田んぼからの水漏れを防ぐために泥を塗り固める作業です。

1年経つと、畔(あぜ)は草の根っこや、もぐらの通り道になっていたりすることで、もろく弱くなっている箇所があります。

もし田植え後に、田んぼの水が漏れて土が空気に触れてしまうと、草が出やすくなってしまいます。

この時期にしっかり畔を作ることが後々の作業効率に大きく響いてきます。

仕事でも何でもそうですが、丁寧な作業をすることによって、後に大きな差が出てくると思います。

自分も日頃から丁寧な仕事を心掛けていきたいと思います。

今年も、豊作でありますように(*´▽`*)💛

 

総務 角田   ぐんまの木の家

3+