オリジナルの家具の思い出に…(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

斉藤林業にも焼印があります。

それはおもに月1回行なわれる木工教室の時に

完成した家具に押す事が出来る保証の証です。

すべての家具に押してあるわけではないのですが、

木工教室などでは保証とその日の記念にお客様に押していただくことで、

その日の思い出とオリジナルの家具を大切にしていだだけたらと思います。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

3+

天然木(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

天然木の美しさ、面白さは 木目の見え方や年輪など

さまざまな方向から色々な表情が見えます。

天然木は見る方向から色々と面白い表情が見えるので

無垢の家具や天然の材料を見かけた時は

是非いろんな角度から見て見るのも面白いものです。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

2+

R加工と丸棒の作りかた(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

家具のカド丸棒を作る時に、

R加工が出来る刃物を使いカドを削り丸くしていきます。

丸棒を作る時には材料をまず正確な正方形に加工し、

それからカドを削り丸棒にします。

R加工や丸棒作りには正確な刃物のセットや材料作りが

要求され作る人の腕の見せどころでもあり、やりがいでもあります。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

4+

頭の中のイメージ(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

物を作る時に頭でイメージして、

それを紙に書いて寸法を決めてから形を作り出します。

図面が出来ていない状態で作り出すと途中で迷ってしまい、

無駄な時間が多く過ぎてしまいます。

物の大きさに関係なく完成図を頭の中にイメージしていけば

自分の思い描いている物が作り出せるのではないのでしょうか。

家具作りや家作りも同じだと感じています。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

5+

小さな手で頑張って💛(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

今月の木工教室で心に残った作品があり、

それは子供達が作った木製のクリスマスツリーです。

一生懸命、小さな手で頑張って組み立てていたのがとても印象的で、

手伝っていてとても楽しい時間が過ごせました。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

1+

紅葉狩りとキノコ狩り(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

先日、みなかみ町にある矢木沢ダムに紅葉そしてキノコ取りに

社長、本社スタッフで行って来ました。

ボートで移動してそれから山に登りキノコ取りに、

始めは取れるかどうか不安でしたが

沢山のキノコを取ることができ結果は大満足。

紅葉もキレイで、また自然の凄さを実感し、

とても素敵な時間を過ごす事ができました。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

4+

大切な逸品のご紹介(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

これは20年前に購入したALESSIのフィリップ スタルクのデザインした灰皿です。

(※フィリップ・スタルク(Philippe Starck, 1949年1月18日 – )は、フランスのデザイナー。建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリアルデザイン等さまざまな分野のデザインを総合的に手がける。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)より引用

私はオブジェとしてそのデザインの良さで今でも持ち続けています。

いつ見ても格好良いと思わせるそのデザインは素晴らしい事で色あせない、

そう思わせる物を作って行く事がデザインする人、作る人にとって大切だと感じる品物です。

ちなみに私はタバコは吸いません(笑)

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

5+

お気に入りの香水を持っています。(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

木を切ったり削ったりすると、その木の香りがします。

匂いも木の種類により様々で、

爽やかなものからお香のようものまで色々あり、

まるでそれぞれの木がお気に入りの香水をつけているようです。

木は形だけではなく、目に見えない香りを持っているなんて素晴らしい事だと思います。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

4+

本社ショールーム改装(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

今、本社工場にあるショールームを改装中です。

たくさんのスタッフによっていろいろなアイディアや

工夫が詰め込まれ、家作りのさまざまな空間の

イメージがしやすいようになっています。

私も壁を腰壁にするなど、ショールーム作りのお手伝いをすることが出来ました。

とても良い雰囲気の空間になっています。

本社にお越しのさいは、ぜひご覧になって下さい。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

3+

大切な家具(谷ヶ﨑裕二)斉藤林業スタッフブログ

家で暮らす中で必要な家具、家も家具も大切な物です。

テーブルや椅子など脚物の家具の底にはフェルトを貼るなどして

床や家具をキズ付けずに長く使って行くのも、

物を大切にする事だと思います。

小さい事だけどその積み重ねが愛着のある家になるのではないでしょうか。

ぐんまの木の家 オリジナル家具工房 谷ヶ﨑裕二

8+