前橋支店の改装(後半)のようすをご紹介します (原名) 斉藤林業スタッフブログ

先月末に前橋支店の改装の前半のようすをブログにて紹介させていただきましたので、今回は後半について書こうとおもいます。

今まで打合せ室として使っていた部屋をひとつサンプルルームに変更します。
そのため今ある棚やテーブルを移動して新しい棚を設置するので床板も一緒に新しくしました。
この床は杉で、斉藤林業のおうちの2階の床に標準的に使われているものです。↓

段差をきれいにするために、家具工房の方に寸法を出して作っていただいたものを大工さんに設置してもらいます。↓継ぎ目がわからないほどなめらかです。

前回までは作っている途中だった室内のサンプル窓の壁も完成しました。最新版のサッシの見本と壁の中身・セルロースファイバーの入り方までみることができます。↓

カフェカウンターはこんな感じです。
前回紹介しました木の枠に石膏ボードをつけて笠木もつけます。これは笠木を少し下からみた写真です↓


仕上げにはまずリビング側の面に木のデザインパネルを貼ります。家具工房の方で施工しやすく改良してもらったパネルです。それを大工さんのセンスで貼り付けてもらいます。
こんなかんじ。↓


ドリンクを作るカウンターは白いタイル張りにします。
タイルが貼り終わったら残りの面に珪藻土を塗っていきます。

トイレも様変わりしました。

解体開始からは想像もつかないほどきれいな内装です。

大工さんに洗面台や壁をつけるための下地の木を入れて石膏ボードをつけてもらいます。新しく作る壁や引き戸をつけるための枠も作ってもらい、壁の一部は羽目板の仕上げにしていきます。それ以外の壁には珪藻土を塗っていきます。

そのあと便器を設置する工事、照明や換気扇をつける工事、タオル掛けや鏡の枠をつける工事、鏡の設置を終えて完成となります。

 

次回、改装したすべてのお部屋の完成写真をご覧いただきます。

 

ぐんまの木の家 お客様係 原名優香

8+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA