SaitoForestry 株式会社斉藤林業

私たち斉藤林業は、群馬県の地域で、おしゃれで木のぬくもりを感じられる自分たちが想い描いているこだわりの家に 住みながら、子供たちに木とのふれあいの中で物への愛着や大切さが解る人に育ってもらいたいと、願っているお父さんお母さんたちのために、 群馬の山の木をゆっくりと時間をかけて煙のススにより乾燥した安全な木材や、身体に優しい素材を使って経験豊かなスタッフと一緒につくる あなただけの家づくりを通じて、豊かで楽しい生活を提供することに生きがいを感じている住宅会社です。

0120-82-0601 定休日:毎週水曜・隔週木曜

株式会社斉藤林業 前橋支店デザインセンター群馬県前橋市鶴光路町265-1

お問合わせ・資料請求

一緒に働く仲間を募集しています!

中村 富一

この道40年 お悩み解決と営業が得意
そこに家がある限り、自分の責任を全うしたい。

 

【部署・役職】お客様係 

【名前】中村 富一(なかむら とみいち)

【ニックネーム】マタギ

【生年月日】1951年9月2日

【星座】おとめ座

【血液型】A

【出身】群馬県沼田市

【入社年月日】1991年

【資格・特技】

宅地建物取引士、二級土木施工管理技士

【趣味、休日の過ごし方】

担当させて頂いたお客様の家の庭に、

自分が育てた木を植えさせてもらっているのですが、

そのお手入れをしに伺ったりしています。

あとは趣味のテンカラ釣りですかね(笑)

 

仕事内容を教えて下さい

 

家を建てたいと考えているお客様の、お手伝いをする仕事をしています。

 

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

以前は15年間、ゼネコンに勤務していました。

 

 

ある時友人の家の上棟式に参加させてもらったのですが、その時に、

「あ、そうか。家を造ればあんな風に喜んでいるお客様の姿が見られるな。自分も人を喜ばせる事をしたい」

そう思って斉藤林業に入社しました。

 

 

その頃の斉藤林業は、高気密高断熱住宅をやり始めた時期だったこともあり、

「斉藤林業はこれからの会社だから、やりたいことも出来るだろう」

そう思って妻に相談したのですが、

妻には泣きながら反対されましたね(笑)

前の職場でも良くして頂いていましたから。

 

 

しかし、どうしてもやりたいと思ったんです。妻には申し訳なかったですけど。

そんな経緯で入社した事もあり、斉藤林業は私がやりたいことをずっとやらせてくれた会社なんです。

 

 

だから愛社精神は誰にも負けないつもりですよ!

 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

もう亡くなってしまいましたが、とあるお客様の事が忘れられません。

その方が自分を育ててくれたと言っても過言ではないと思っています。

 

 

その方と息子さんの家も担当させて頂いたのですが、

凄く周りの方に好かれていた方だったんですよね、

その人から人間力って何なのかを学ばせてもらいました。

 

 

多くは語らずに淡々と物事を進める人で、とても優しい人だったんです。

目配り気配り思いやりが、誰よりもありました。

近寄りたいって自然に思える人だったんですよね。

 

 

誰に対しても壁を作ったりせず、同じ目線に立って接してくれる方でした。

簡単なようですが、実はそういう事が出来る人はなかなか居ないんですよ。

 

 

あの方は、自分の人生の流れを変えてくれた恩人です。

今でも感謝していますし、出会えたことが嬉しかったです。

 

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

もう歳ですからね(笑)!

さすがに若い頃みたいに動けなくなっていることかな!

 

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

土地を探すことですね。

時には売買の実績が全く無い場所で土地を探すなんてこともあります。

街場の分譲地を開拓するやり方とは、全く違うでしょうね。

自分なりのやり方です。

 

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

私はお客様の家の庭に、自分で育てた木を植えさせてもらってるんです。

 

 

「ここに家がある限り、責任を全うしたい」

 

 

その気持ちの証として植えさせてもらうんです。

これまでのお客様は皆さん、自分を養ってくれた大切な方々です。

お客様が居たからこそ、私は会社からお給料を頂けています。

 

 

そこに家がある限り、自分の責任を全うしたい。

ずっとそんな気持ちで、仕事をしてきました。

 

 

ですから次は、自分と同じ気持や考えを持ったスタッフにバトンタッチしていきたいし、

育てて行きたいと思っています。

 

 

私はこれまで、お客様から頂くご紹介で営業として仕事をさせて頂きました。

お客様からご紹介を頂いた時から、

自分の責任を全うするという気持ちで、仕事をさせてもらってきました。

その中で学んだ大切なことを、これからの人たちに伝えて行きたいんですよ。

 

 

変に祭り上げるという意味では無く、お客様は神様なんです。

 

 

だってそもそも私たちは、お客様にお金を頂いているから生活できていますから。

だからお客様をずっと感動させてあげなくちゃいけないと思うんです。

 

 

あなた達がいるから、私たちが存在できるんだ。

そんな気持ちを伝えて行きたいですね。