SaitoForestry 株式会社斉藤林業

私たち斉藤林業は、群馬県の地域で、おしゃれで木のぬくもりを感じられる自分たちが想い描いているこだわりの家に 住みながら、子供たちに木とのふれあいの中で物への愛着や大切さが解る人に育ってもらいたいと、願っているお父さんお母さんたちのために、 群馬の山の木をゆっくりと時間をかけて煙のススにより乾燥した安全な木材や、身体に優しい素材を使って経験豊かなスタッフと一緒につくる あなただけの家づくりを通じて、豊かで楽しい生活を提供することに生きがいを感じている住宅会社です。

0120-82-0601 定休日:毎週水曜・隔週木曜

株式会社斉藤林業 前橋支店デザインセンター群馬県前橋市鶴光路町265-1

お問合わせ・資料請求

一緒に働く仲間を募集しています!

増田 竜太

座卓、戸棚が得意な 家具職人
100年かけて育った木は、100年使える家具にしたい」という思いのもと、
家具も心をこめてつくっています。

 

【部署・役職】オリジナル家具工房 工房長

【名前】増田 竜太(ますだ りゅうた)

【ニックネーム】呼ぶ人によって色々です(笑)

【生年月日】1968年1128

【星座】いて座

【血液型】AB型

【出身地】群馬県渋川市

【入社年月日】2010年12

【資格】家具技能士2

【特技】空手、書道、珠算、簿記

【趣味、休日の過ごし方】

1回の山歩きですね。家族は最近付き合ってくれないですが()

榛名山、赤城山、県境の山などで気持ちよく山登りしていますね。

あとは、昔からの趣味ですが、プラモデル製作ですね。

性格と言うか、仕事柄なのか細かいものをつくるのが好きなんでしょうね。

小さい頃パイロットになりたかったというのもあって、専ら飛行機です。

もちろん細かい塗装までキッチリ仕上げます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

工房の責任者としての仕事ですね。

 

 

家具工房スタッフ6名の作業スケジュール生産計画の管理。

家具・木工品の要望を図面にしたり、製作の指導や大工さんとの打合せも含めてやっています。

 

 

また、オーナー様宅にお伺いして家具の補修工事も承っています。

 

 

他には、幼稚園や商業施設で出張木工教室を行ったりしていますね。

決して、工場にこもって作るだけといった感じではなくお客様と関わる機会も多くあります。

 

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

子どもの頃からモノづくりは大好きでした。

“工作少年”そのものでした()

 

 

ガンプラをつくったり、空き箱を使ってロボットを作ったりしていましたね。

でも勉強が嫌いではなかったです。

 

 

東京の大学を卒業後、「地元群馬で働きたい!」という思いのもと、

銀行に就職したのですが、しばらくして大病を患いました。

 

 

生死に関わる病気だったので、もう一度自分のこれからの人生を見つめなおしたんです。

考えた末に、小さい頃からやりたかったモノづくりの夢が捨てきれないと思ったんです。

 

 

銀行を退職し、職業訓練校を経て、特注の家具会社に就職しました。

無垢にこだわった家具を78年やっていましたね。

その後、いくつかの家具会社を経て斉藤林業に御世話になっています。

 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

「オリジナル家具を斉藤林業さんで作って良かった!」

と言われる瞬間はうれしいですね。

 

 

特に家具の補修でオーナー様宅に行った時に言われるんです。

「頼みやすくて、ありがたい」って。

私たち作り手側としては、オーナーさまに長く使ってもらえるのが嬉しいですから、本望です。

 

 

そんな風に大切に家具も使っていただいているので、

100年かけて育った木は、100年使える家具にしたい」

という思いのもと、家具も心をこめてつくっています。

 

 

私が山登りが好きなのも、木や森に対する畏敬の念を忘れないようにしたいからです。

木材を無駄には出来ないという気持ちは常に持っています。

 

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

技術的な話ですが、オリジナル家具を寸法通りに収めることですね。

注文住宅は一品一品お家に合わせた家具なので、

寸法は細心の注意を払います。

 

 

ダメなら一から作り直しになりますからね。

そのため、お客様からの要望を聞くスタッフと、

作り手側のスタッフの連絡体制の改善は常に行っています。

 

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

カンナがけのカンナくずの薄さでは一番かな。

最近は家具工房メインなので、カンナがけの機会も少ないですが自信はあります。

 

 

あとは、プラモデルづくりの細かさというか、

こだわりは見えないところまで作り込みますね。

ディテールにこだわるのは、仕事もプライベートも同じですね()

 

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

夢として、今後は家具だけじゃなく、

お客様、オーナー様に対して家づくりに関する知識や

住み始めてから生活が楽しくするような方法を提供していきたいですね。

そのためにも生活に関する様々なアイデアを幅広く身につけたいです。

 

 

私自身、斉藤林業のオリジナル家具製作という入口でこの会社に入社しましたが、

あくまで家具は生活の一部であって、

もっともっとお客さんの生活を知っていかないといけないと考えています。

 

 

同時に、工房の若いスタッフのみんなには、

もっともっと成長して自分のレベルを超えていってほしいですね。

 

 

プライベートでは、子どもが落ち着いたら、海外の色々な国を旅行したいですね。

とは言っても観光名所をまわるわけではなく、

ヨーロッパ、アメリカで“人の暮らし”を見てみたいですね。

ライフスタイルをこの目で確かめてみたいです。