SaitoForestry 株式会社斉藤林業

私たち斉藤林業は、群馬県の地域で、おしゃれで木のぬくもりを感じられる自分たちが想い描いているこだわりの家に 住みながら、子供たちに木とのふれあいの中で物への愛着や大切さが解る人に育ってもらいたいと、願っているお父さんお母さんたちのために、 群馬の山の木をゆっくりと時間をかけて煙のススにより乾燥した安全な木材や、身体に優しい素材を使って経験豊かなスタッフと一緒につくる あなただけの家づくりを通じて、豊かで楽しい生活を提供することに生きがいを感じている住宅会社です。

0120-82-0601 定休日:毎週水曜・隔週木曜

株式会社斉藤林業
前橋支店デザインセンター
群馬県前橋市鶴光路町265-1

LINE@
お問合わせ・資料請求

一緒に働く仲間を募集しています!

谷ケ崎 悟志

バイクが好きな 頼れる経理部長
齋藤社長の考え方が好きなんです。その斉藤林業イズムを継承して、
ずっと守っていってくれるような家づくりを継続していきます。

 

【部署・役職】経理

【名前】谷ヶ崎 悟志(たにがさき さとし)

【ニックネーム】谷さん

【生年月日】1970522

【星座】双子座

【血液型】A型

【出身地】群馬県沼田市

【入社年月日】2005年4

【資格・特技】建設業経理事務士2級、日商簿記2級、

大型二輪免許

【趣味、休日の過ごし方】

年に一回は家族みんなで子どもが希望する場所に行ってますね。

福島のハワイアンリゾートとか、日光江戸村とか。

あとは、たまに18年乗っている愛車のバイクでツーリングをしたり、DVD鑑賞かな。

SFやアクションが好きですね。印象に残っている作品?

何だろ・・・ちょっと古いけど、バック・トゥー・ザ・フューチャーかな()

 

仕事内容を教えて下さい

 

経理です。簡単に言うと、会社に関わるお金の管理全般ですね。

 

 

また、会社全体の財務状況や業績管理をしています。

もちろん私だけではなく、助けてくれる補助スタッフもいます。

 

 

メインの経理以外にも、本社・工場の責任者でもありますので、お客様やスタッフに対して、

斉藤林業の想いや姿勢を社長に代わってお伝えすることも大切にしています。

 

 

他にも地味なこともやっていますよ。完成見学会の手伝いや、

たまには展示場で待機していたり。幅広く業務に関わっていますね。

 

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

もともとは家づくりには全く無縁の人間だったんです。

卒業後、電子部品の製造業を経て会計事務所勤務でしたからね。

 

 

斉藤林業の名前は入社前から知っていました。

10年程前に、中学時代からの友達が自宅兼カフェを斉藤林業で建てたんです。

そこで初めて斉藤林業の存在と、斉藤林業の家づくりを知りましたね。

 

 

で、その友人宅の完成見学会行ってみたんです。

それまでは、家っていうモノは、アパートの延長みたいな家しかイメージがなかったので、

オール無垢の建物に衝撃を受けました。

 

 

その時に「自分も素材や間取にこだわった素敵なお家に住みたい!」

と思うようになりました。

 

 

そこから一年間ほど、斉藤林業の見学会に通いましたね。

毎月行っていたと思います()

 

 

自由設計は同じ家づくりはないですからね。見ていて飽きなくて楽しいですよ。

そうすると、どんどん夢が広がって、建てた先の生活イメージまで・・・()

 

 

また、私自身がアパート住まいの頃、新建材でアレルギー症状も出た経験もあったので、

本当に体にやさしい家づくりをしている斉藤林業の家の良さを見た目だけではなく、

見えない部分でも良いものだと惚れ込んでいます。

 

 

そこまで惚れ込んだ状態だったので、

一年後に経理で求人が出ているのを見つけた時に

「この会社で働きたい!」と即応募していましたね。

 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

お引き渡し式は毎回グッときます。

社長の代わりにお引き渡し式に参加することがあるのですが、

お家づくりをして、喜んでもらえて本当によかったなぁ。としみじみ思いますね。

 

 

あとは、入社してすぐは経理ではなく、現場監督だったんです。

私自身のわがままで、最初で最後の現場監督です。「やらせてください!」と。

 

 

ですが、当然経験も知識も浅いので、

お引き渡しの2週間前にお客様から「現場監督を変えてくれ!」

というクレームが入ったんです。

 

 

最終的には、お客様に「最後までやらせてください!」

と真摯にお話しさせていただき事無きを得たのですが、

そんなお客様から今でもメンテナンスの追加工事や、

実家のリフォームまでご依頼いただける関係になっているんです。

 

 

「テレビが映らないんだけど」と、ご連絡いただけることもありますよ()

クレームになりかけたのに、それだけ信頼されているのかなと嬉しく感じています。

そんな今でも続く長いお付き合いは一番印象に残っていますね。

 

 

経理の仕事ですか? うーん。大変な側面しかないですよ()

心配したり、胸をなでおろしたり。

一喜一憂といったら軽いですが、それだけ神経質にやっていますね。

 

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

斉藤林業は良い家づくりを行うために、設備投資にしっかり力を入れています。

引いては、資金の調達、事業計画がしっかりしていないと、

そういった先行投資も出来ないのですよね。

決して簡単ではないですが、でもやりがいを持ってやってますよ。

 

 

経理という仕事で言うと、会計事務所に勤めていた頃の一スタッフの業務とは違って、

斉藤林業での仕事は多岐にわたるので、そこは大変ですね。

ですが、だからこそ後任者の育成をしっかりしていかなくてはいけないと考えています。

 

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

業務上の電卓計算が一番早いことと、趣味のバイクかな。

あとは、神輿への情熱ですね。沼田祭でみんなで担ぐのは楽しいですよ!

神輿の応援で、神奈川や茨城まで行くこともあるほど好きですね()

 

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

夢ですか・・・。このまま斉藤林業が存続していくことが一番ですね。

 

 

私は、斉藤林業の家づくりもそうですが、

何より齋藤社長の考え方が好きで入社しています。

 

 

そんな齋藤林業イズムを継承して、

ずっと守っていってくれるような家づくりを継続していくことが夢です。

社長もそうですが、今いる仲間(家族)といつまでも同じ志で、

いつまでも良い家づくりをし続けることです。

 

 

お神輿で言うと、社長=お神輿でそれをスタッフみんなでしっかり担ぎ続きたいですね()

そういう意味では、いつまでも会社にとって縁の下の力持ちでありたいです。

 

 

個人的な夢で言うと、バイク専用のガレージつくることと、北海道をツーリングでまわることです。

昔一度、北海道で何日もかけてツーリングして札幌、函館、色々回ったんですが、

まだ行ってない場所が何カ所かあるんですよ。

いつまでも続く大自然は最高ですよ!