SaitoForestry 株式会社斉藤林業

私たち斉藤林業は、群馬県の地域で、おしゃれで木のぬくもりを感じられる自分たちが想い描いているこだわりの家に 住みながら、子供たちに木とのふれあいの中で物への愛着や大切さが解る人に育ってもらいたいと、願っているお父さんお母さんたちのために、 群馬の山の木をゆっくりと時間をかけて煙のススにより乾燥した安全な木材や、身体に優しい素材を使って経験豊かなスタッフと一緒につくる あなただけの家づくりを通じて、豊かで楽しい生活を提供することに生きがいを感じている住宅会社です。

0120-82-0601 定休日:毎週水曜・隔週木曜

株式会社斉藤林業
前橋支店デザインセンター
群馬県前橋市鶴光路町265-1

LINE@
お問合わせ・資料請求

一緒に働く仲間を募集しています!

髙野辺 さつき

農作業、スノーボードも こなす建築士
実は人見知りで話すのが苦手です・・・
でも将来は自分が設計した、斉藤林業の家に住む夢があるので、一生懸命頑張ります!

 

【部署・役職】お客様係

【名前】髙野辺 さつき(こうのべ さつき)

【ニックネーム】こうのべちゃん

【生年月日】5月4日

【星座】おうし座

【血液型】B型

【出身】群馬県榛東村

【資格・特技】

二級建築士、普通免許

【趣味、休日の過ごし方】

読書です。特に有川浩さんの作品が好きです。

 

仕事内容を教えて下さい

 

お客様と沢山お話して、住みたい家に住めるようお手伝いする仕事です。

 

 

この会社(業界)に入った理由はなんですか?

 

斉藤林業の事は、就職活動の時に知りました。

建築の専門学校で設計を学んでいたのですが、斉藤林業が学校に求人を出していたんですよ。

 

 

求人を見て良いなーと思っていたのですが、自宅から通勤するのが難しいだろうと思い、

最初は別の工務店さんに就職しました。

でも結局は諦められず、前の会社を辞めて斉藤林業へ入社しました。

 

 

建築の仕事に興味を持ったのは、小学校に上がる前ですね。

 

 

自宅を建て替えたのですが、建てている現場を間近で見てて、

なんか面白そう!と思ったのがキッカケです。

 

 

大工さんが木材を加工しているのを見てカッコいいなと思ったので、

大工さんになりたいと思ったんですけど、

高い所から落ちたら怖いなと思って早々に諦めてしまいました(笑)

 

 

でも、将来は建築に関わる仕事がしたいと決めていたので、

「大工さん以外で何が出来るだろう?」って、

色々調べたら建築士っていう仕事があることを知ったんです。

それで工業高校の建築科に入学して、その後専門学校まで進みました。

当時からプランをあれこれ考えるのは好きでしたね。

 

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

前の会社での話になってしまうのですが、自分がどうですか?って出したプランを見て、

お客様に納得していただけた時は嬉しかったです。

 

 

学生時代は、課題に対して自分が納得する自己満足のプランを描いていました。

だから初めて自己満足じゃなく、お客様にも喜んで頂けたプランを描けたのは嬉しかったですね。

これから斉藤林業で、家づくりのお手伝いをさせて頂くのが今から楽しみです。

 

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

実は人見知りで、電話口で説明をするのがまだ苦手です・・・

電話をする前に話の道筋を決める様にしているのですが、

いざ電話すると頭が真っ白になってしまうんです・・・

 

 

お客様としっかりコミュニケーションが取れるようにしたいので、

これからはお客様と接する前に、一旦自分でシミュレーションをしてみようと思っています。

 

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

剣道です。

中学の時に2段を取りましたが、それ以降やっていないので自信はないですが(笑)

 

 

生まれ育った家が古民家みたいな古い家だったのですが、その環境で育ったからか、

和の物になんとなく惹かれるんです。

剣道もそういった経緯で自然に興味を持って始めました。

 

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

将来は自分が設計した斉藤林業の家に住みたいです!

まだ入社して日が浅いのですが、斉藤林業の家は過ごしやすいと、

オープンハウスに一日いるだけで分かりました。

 

 

自分の家が新建材使っているから余計でしょうね。

将来住むんだったら、こういう家に住みたいと思えました。

 

 

夢の実現のために、まずは一人で提案が出来るくらいまでレベルアップしていきたいと思っています。

疑問があったらすぐ先輩に聞いて、自分の知識を増やしていきたいです。